ANAの株主優待の場合

株主優待のサービスがお得だからと、優待目的で株を購入する人も少なくありません。
株主優待は上場企業の4分の1ほどが実施しておりその内容はさまざまですから、自分の好みのサービスを提供してくれる企業の株を持つという方法もアリです。
今や定期預金で銀行にお金を預けてもほとんど利子のつかない時代ですから、リスクの少ない企業の株を買って株式優待サービスを受けるほうがお得という考え方の人も少なくありません。

LCCで旅行もいいけれど…

そんな中、航空会社の株を持って優待を受ける人もたくさんいます。
この場合の主な優待サービスは、飛行機搭乗の割引となります。
近年、出張や旅行で飛行機を利用する機会が増えましたが、運賃はまだまだ高いのがネックです。
そのため最近では移動手段である飛行機運賃をなるべく抑えたいという思いから、LCCを利用する人が急増しています。
でも、LCCは機内食が出ない、預け荷物にお金を取られる、予約の変更にお金が掛かるなどいろいろな制限も多く、利用しづらい点も少なくありません。
もし、LCCではない一般の航空会社の株主優待を受けて、安く飛行機に乗れるなら嬉しいですよね。


特典はいろいろ

たとえばANAの場合、1000株以上を所有していると株主優待券を貰えます。
これは、国内線の全路線の片道1区間において50パーセント割引を受けることができるというものです。
株主優待券の発行は、所有する株の数によって変わり、1000株以上1999株で1枚、2000株から2999株で2枚とたくさん持っているほど多くの優待券が貰えます。
また、ANAの系列グループや提携のホテルでの宿泊や食事、婚礼時の飲食、宴会場や会議室の利用などの支払いの際に、内容により10パーセント以上割り引いてもらえます。
さらに、国内外のパッケージツアーが7パーセント割引で利用できます。
その他にも、空港内のANA系列の売店や免税店での買い物でも10パーセント割引が適用されたり、優待料金でゴルフのできるゴルフ場もあります。
株主となって、お得に飛行機旅行をするのもいいかもしれませんね。
その他、ANAの優待券情報は、コチラのページも(http://advance.quote.nomura.co.jp/meigara/nomura2/users/yutai/yutai_d.asp?RCODE=9202&MKTN=)参照してみてください。

関連記事:

    None Found