株主でなくても手に入る?

株主優待は、商品を貰えたり割引券が手に入ったりなど、その会社のさまざまなサービスが受けられるお得なシステムです。
「でも、株主優待なんて株を持っている人だけに関わることでしょ。株を持っていない私には関係のない話」と思っている人は大勢いると思いますが、実はそうではありません。

どうして株主でなくても手に入るの?

最近は金券ショップや格安チケットを取り扱っているところに、株主優待券が出回っているからです。
株主優待サービスを受けてもそれを利用できないような人からそれを買い取って販売しているので、株の所有の有無に関わらず株主優待の恩恵を受けることができるというわけです。
たとえば格安航空券の場合について、ここでお話ししましょう。


早割より便利

格安航空券はANAやJALといった大手の航空会社のものが一般的です。
これらは株主の所有株数に応じて優待券を発行しており、それがあれば通常運賃の半額で飛行機に乗ることができます。
航空会社では多くの乗客を確保するため、「早割」といって早期に予約した人にはその特典として運賃を安く提供するサービスを行なうケースが増えています。
確かに早割をうまく利用すれば、通常料金の半額程度で飛行機を利用できることもあるのですが、デメリットもあります。
それは、一旦予約すると便の変更ができない、キャンセルの場合は時期によるがかなりのキャンセル料が取られてしまうという点です。
また利用する便が決まらなければ予約できないので、急な利用には使いづらいといった点もデメリットとなります。
でも株主優待券なら、同一路線、同一航空会社なら席さえ空いていれば当日の変更も自由にできるので、事前や急な予約でも問題ありません。
さらに、正月やお盆、ゴールデンウイークなどは早割サービスの設定がないことがほとんどですが、優待券ならば割引価格で利用できます。
このように航空各社がアピールする早割サービスよりもお得で便利に利用できるのが株主優待券で、そしてそれは株主でなくても手に入るということは知っておいて損はありませんよ。

関連記事:

    None Found